1. TOP
  2. 融資
  3. 【融資】稟議書の書き方!ポイントをつかめる業界誌を紹介

【融資】稟議書の書き方!ポイントをつかめる業界誌を紹介

融資  

経営者は、融資申請の時、融資をお願いするために、準備をしていますよね。

融資担当者は、提出された書類をもとに「稟議書」を作成して、金融機関の決裁者に書類を渡します。

決済権を持つ人たちは、その稟議書をみて、融資の可否を決めるのです。

融資担当者が書く稟議書は重要

金融機関が、融資をおこなう際、担当者は「融資稟議書」を作成します。

融資稟議書とは、担当者が支店長や本部の、融資審査をする部署の決裁者に、「この取引先の融資をおこなってもいいですか」と、お伺いを立てる書類です。

決裁者は稟議書の内容を審査し、問題がなければ承認、問題があれば否決します。

つまり稟議書の内容次第で、融資が受けられるかどうかが変わります。

稟議書をしっかり作る優秀な担当者がついた事業者は、融資をしてもらいやすくなり、そうでなければ残念な結果になるでしょう。

ですが経営側も、担当者が作成する「審査に通りやすい稟議書」とはどのようなものなのか、興味がわきませんか。

事業者が融資担当者を選べない理由

どの事業者にも、優秀な担当者がついてくれたらいいのですが、当たりはずれがあります。

残念ながら、力量不足の担当者に当たることもあるのです。

しっかりした稟議書を作れない担当者は力量不足?

悩む女性

ただし、担当者の力量が足りていないからダメだ、という訳ではありません。

それは、金融機関内には「融資関係」以外の業務もあるからです。

近年の金融機関は、例えば下記のような、様々な商品を扱っています。

  • 保険
  • 投資信託

保険や投資信託は、その商品によって扱う内容も変わってくるため、勉強が必要です。

どんなに素晴らしい商品でも、内容をアピールできなければ、誰もその商品を購入しませんよね。

金融機関の担当者は、上記の商品をアピールするための、勉強や営業をしなくてはなりません。

そのため、取引先との関係作りはおろか、稟議書の作成に時間をかけることができないのです。

そのような状況なので、しっかりした稟議書を作れない担当者は、力量不足ではないのですよ。

忙しい担当者を変更できない?

金融機関の担当者は、自分たちが申請している融資だけではなく、他の事業者の融資案件も抱えています。

そして、更に上記でご紹介した業務もおこなっているのです。

では、経営者・事業者はこう考えるかもしれません。

「もう少しゆとりのある担当者に変更できないの?」

結論を言いますと、担当者が大きなミスをしない限り、変更になることはありません。

それは担当者には、それぞれの担当エリアが決まっているからです。

担当者は、融資受付のために、つねに店舗にいるわけではありません。

保険や投資信託を希望するお客さんのもとに説明に行くため、動いています。

訪れるエリアが決まっていると、効率良く営業に行くことができますよね。

このような事情があるため、担当者の変更は難しいのです。

残念な担当者に当たっても事業者側から情報提供すればいい

力量不足の担当者に共通しているのは、下記の二点が乏しいことです。

  • 情報収集能力
  • 情報分析能力

担当者は融資に関する仕事だけでなく、他の業務もあるので、融資に必要な情報を集める時間がありません。

ですが、融資担当者が多忙で、稟議者の作成に時間を捻出できないならば、それを補えばいいのです。

稟議書で審査される重要なポイント

稟議書で融資の可否が決まりますが、稟議書を作る担当者の力量や時間が不足しているなら、それを補えばいいのです。

ここで、融資が通る稟議書のポイントをご紹介します。

  • 資金の用途や申請金額が妥当か
  • ちゃんと完済できる事業になるのか
  • 融資をすることで、事業者だけでなく金融機関にとってのメリットはあるのか

金融機関は、融資したお金が返済されるかどうかを重要視しています。

稟議書のポイントを押さえるためには

融資が通りやすい稟議書を作るためには「材料となる情報」が必要です。

その情報を正しく分析して、きちんと説明できなければ、稟議書を通して融資実行をすることはできません。

多忙で担当者が情報を集めることができない場合、事業者ができる二つの方法が下記になります。

  • 事業者自身が、正確で細かい情報を集める
  • 専門家に任せる

事業を成功させるために、支援してくれる専門家にお願いすれば、融資を通りやすくするためのアドバイスをしてくれます。

金融機関の担当者があわただしそうと感じたら、お願いしましょう。

事例『近代セールス2022年11月1日号』が「稟議書のポイント」を解説

稟議書を書くときに必要な情報を、事業者側から提供できれば、融資が承認される可能性は上がりますよね。

でも必要な情報とは、どんな情報なのでしょうか。

稟議書を書く時のポイントって?

金融機関は、融資審査の時に、どんな情報を必要としているのか気になりますよね。

事業者が情報を提供しようとしても、どのような情報が必要なのかが分からないと、集めようがないです。 

金融機関の融資担当者が、稟議書を書くときのポイントが分かれば、効果的な情報提供ができます。

ですが金融機関の担当者には、そのポイントを事業者や専門家に教える時間はないでしょう。

雑誌「近代セールス2022年11月1日号」の紹介

スーツ姿の女性

金融機関の担当者が、稟議書を書くポイントを教えてくれないならば、打つ手なしと思うかもしれません。

ですが、実は稟議書を書く時のポイントを教えてくれる雑誌があるのです。

それぞれの業界には「専門誌」がありますが、金融機関向けの業界紙もあります。

それは「近代セールス」です。

そして「近代セールス2022年11月1日号」は、融資稟議書のための情報提供に関する内容が、掲載されています。

『近代セールス2022年11月1日号』の内容

『近代セールス2022年11月1日号』の特集は、「伝わる稟議書の作り方」です。

論理的で説得力のある稟議書を作るため、融資担当者が意識することが記載されています。

少し内容をご紹介しますね。

融資稟議の意義を正しく理解しよう

<図解>申込受付から、決済まで融資稟議の基本手順を理解しよう

稟議作成に入る前に!取引先の実態を把握し整理しよう

要素別に学ぶ!効果的に伝わる融資稟議の記載術

事例で理解!このような案件の融資稟議はこう作成しよう

【特集関連企画】伝わる文章の専門家に聞く 倫理的な文章のイロハ

(近代セールス2022年11月1日号より抜粋)

融資担当者が、稟議書を作る時の手順や、事例も記載されています。

担当者に情報提供を考えている場合は、目を通してみてください。

金融機関からスムーズに融資を引き出すには

金融機関の融資姿勢が変化しても、金融機関と良好な関係を築き、適切な情報提供をおこなうことができれば、今までと同じように金融機関は対応してくれます。

ですが、事業者や経営者側が思う適切な情報は、金融機関にとって適切な情報ではない場合もあるのです。
せっかく集めた情報が、適切でなかったら、悲しいですよね。

そのような場合は、的確なアドバイスをしてくれる専門家と一緒に、必要な情報を集めて、金融機関にアピールすることがおすすめです。

>>融資の合否が決まる稟議書、担当者に必要な情報を提供する方法はこちら!

\ SNSでシェアしよう! /

小規模企業が補助金と融資で事業拡大へ 資金調達はマイクリエイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

小規模企業が補助金と融資で事業拡大へ 資金調達はマイクリエイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 新型コロナウイルス感染症対応融資に2回目の申込はできる?

  • 金融機関の担当者がチェックする5つの項目とは

  • 前倒しの借り換え!融資の返済開始が1年先でも可能?

  • 融資の返済・資金繰りに困っている事業者におすすめの「同額借換」とは?

  • 自己資金なしでも創業融資で飲食店開業は可能?

  • 融資成功の近道!優秀な担当者に共通する10の特徴