1. TOP
  2. 融資
  3. 融資の返済・資金繰りに困っている事業者におすすめの「同額借換」とは?

融資の返済・資金繰りに困っている事業者におすすめの「同額借換」とは?

融資  
笑顔でメモをする女性

融資の据え置き期間が終了すると、返済が始まるという中で、思うように返済が進まず苦しんでいる場合も少なくありません。

すぐに返済を始めるのが難しいという場合に、金融機関から同じ金額を借り換えることで返済期間を先送りにする「同額借換」という方法があるのをご存じでしょうか。

今回は、資金繰りに困っている事業者に向けて「同額借換」について詳しく説明しますので、ぜひ参考にしてください。

融資の返済をリスケしたい時

疑問に感じる女性

返済期間が始まっても、融資の返済の目途が立たない場合、どのような対処法が考えられるでしょうか。

多くの場合に思いつくのは、今借りている融資の返済を猶予してもらうか、返済金額などの条件を変更してもらう「リスケ」でしょう。

しかし、リスケを行った場合、金融機関からの格付けが下がってしまいます。

格付けが下がると、金融機関から新たに融資を受けることができなくなります。

まだまだ、新型コロナウイルス感染症の影響を受けており、融資を受けたいと思う機会はこれからもあるでしょう。

よって融資のリスケは、事業者にとって最も避けたい事態といえます。

「同額借換」なら融資のリスケのデメリットを克服!

リスケのほかに融資の返済期間を延ばす方法として、「同額借換」があります。

この方法は、融資を受けている金額をほかの条件の良い融資に借り換えを行う方法です。

借り換えを行うことにより、融資の据え置き期間が新たに始まり返済を先延ばしできたり、返済金額を減らしたりする効果があります。

そして同額借換であれば、金融機関からの格付けが下がることはありません。

さらに、リスケと同じく返済期間や条件を有利にできるので、同額借換であれば、リスケのデメリットを克服できているといえます。

金融機関にもメリットのある「同額借換」

金融機関

金融機関にとっても、リスケに比べ同額借換はメリットがあります。

なぜなら、リスケを行う場合には、事業者から経営改善計画書を提出させて、条件変更稟議書の作成も行わなければなりません。

この処理には、大変手間と時間がかかるため、金融機関にとっても避けたい仕事です。

また、先に説明した通り、リスケを行う場合、金融機関の取引先である事業者の格付けを下げることになります。

取引先の格付けが下がった場合、金融機関は新たに貸倒引当金を積み増さなければならなくなり、収益としてもマイナスになってしまいます。

このことから分かる通り、金融機関としてもリスケより同額借換で済むのであれば多くのメリットがあり、同額借換を快く受け付けしてくくれるといえるでしょう。

すでに返済中の場合におすすめの同額借換

電卓と紙

すでに返済が始まっている場合には、未返済の金額をそのまま借り換えするか、当初の借入額を全額借り換えできないか相談してみましょう。

未返済額分の借り換えであれば、借りる前より大幅に経営状況が悪化していない限り、前向きに話を聞いてもらえます。

当初の借入額と同等の金額を借り換えできれば、すでに返済した分も補填できるため余裕ができますが、金融機関の担当者が優秀でないと難しいかもしれません。

よって、すでに返済中の場合は、未返済分の借り換えを目指すのがおすすめです。

これから返済が始まる場合におすすめの同額借換

資料のイメージフォト

今融資を受けている分の返済がまだ始まっていない場合には、融資を受けている分の金額と同額の借り換えを相談してみましょう。

こちらもすでに返済中の場合と同様に、金融機関は前向きに話を聞いてくれて、借り換えもスムースに行える可能性が高いといえます。

ただし、新しい融資が決定するまで1か月時間がかかる可能性があります。

その間に返済しなければならない場合は、必ず返済しておくようにしましょう。

返済が滞ると延滞扱いになり、新しく申し込んでいる借り換え先の融資の審査に悪影響があります。

同額借換ができれば、返済期間を先送りできたり条件を緩和できたりすることが期待できますので、今の融資の支払いはしっかり行っておくのがおすすめです。

返済の負担を少しでも減らしたい方は「同額借換」を利用しましょう!

スーツ姿の女性

融資を受けて経営が少し楽になった場合でも、返済期間が来てまた苦しい状況に陥ってしまい、お困りになっていらっしゃるというケースも多くあるでしょう。

返済額の資金繰りに頭を悩ませていると、事業のことを考える時間がとられてしまいます。

同額借換ができれば新たな融資の据え置き期間が発生し、その間に事業の今後を考え立て直しを図ったり、新しい施策を思いついたりすることもあるかもしれません。

ですので、融資の返済にお困りの場合には、同額借換ができないか金融機関に相談してみるのがおすすめです。

弊社でも、同額借換を含めた返済に関するお悩みを手助けできますので、お困りの際は相談いただければ幸いです。

>>融資の返済を楽にする方法について、もっと知りたい方はこちら!

\ SNSでシェアしよう! /

女性の創業融資はマイクリエイト 認定経営革新等支援機関の注目記事を受け取ろう

笑顔でメモをする女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性の創業融資はマイクリエイト 認定経営革新等支援機関の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【2020年最新版】運転資金の融資が有利になる!3つのポイント

  • 融資の信用情報はここが見られる!審査のポイントは?

  • 事業再構築補助金の事業に必要な資金を融資で確保する方法

  • 2回目のコロナ融資を成功させる方法とは?

  • 事業の承継や集約に!事業継承・集約・活性化支援資金とは?

  • 【創業融資】信用保証協会の審査!面談時に聞かれる質問は