1. TOP
  2. 新型コロナウイルス関連の支援策
  3. 追加のコロナ融資は難しい?真相と対策をやさしく解説!

    追加のコロナ融資は難しい?真相と対策をやさしく解説!

    追加のコロナ融資は難しい?

    新型コロナウイルス感染症の収束の見込みは未だ立たず、厳しい状況が続いています。

    2020年の春先に1回目のコロナ融資を受けた場合でも、この時調達した資金が尽き始めるころかもしれません。

    運転資金に不安を感じて、追加の申請を考えている個人事業主のみなさんも多いでしょう。

    「2回目のコロナ融資を申請したいけど、何か注意点や対策はあるのかしら?」

    そんな声も多く聞かれるようになりました。

    そこで気になるのが、金融機関が融資を断るケースが増えているという事実です。

    追加のコロナ融資は、1回目に比べるとかなり難しいとも言われています。

    今回は、追加のコロナ融資が難しいと言われる理由とその対策、注意点についてわかりやすく解説していきます。

    ぜひ参考になさってください。

    「新型コロナの追加融資は難しい」の真相とは?

    考え込むビジネスウーマン

    コロナ融資の審査は、1回目よりも2回目の方が厳しい傾向にあります。

    これは事実です。

    例えば、1回目の審査と同じ内容で申請をしたら、2回目は通らない可能性があるということです。

    ”厳しい”と言われる2回目の審査ですが、これにはきちんとした理由があります。

    「理由」を知ることが、正しい準備を行うための第1歩です。

    ここからは、追加のコロナ融資が難しいと言われる理由を、より具体的に解説していきます。

    金融機関の審査が1回目よりも厳しい理由

    ポイントをしめすビジネスウーマン

    コロナ融資が開始されたのは、資金繰りに困った企業や事業者が激増していた時期でした。

    急を要する融資案件ばかりだったことは、想像に難くありません。

    しかし、コロナ融資が始まった当初は、審査をする側の金融機関も、「時間」と「人」両面において余裕がない状態でした。

    何もかもが初めての状況で、想定を超える数の融資が申請される中、何よりもスピードが重視されました。

    そのため融資の審査も、普段どおりの丁寧なチェックができていなかったのです。

    この問題を解消するため金融機関は、人材の確保を急ピッチで進め、審査の体制を整えてきました。

    そして2020年11月現在は1回目のころよりも迅速に、必要な書類審査が十分できるまでに改善されてきています。

    これが、金融機関の審査が1回目よりも厳しくなったと言われる理由です。

    厳しくなったというよりも、平時の体制にほぼ戻ったと言った方が正しいかもしれません。

    金融機関側の体制強化に加え、コロナ融資の申請数自体も、当初に比べればだいぶ落ち着いてきています。

    これにより金融機関は、より時間をかけた丁寧な審査が可能になりました。

    金融機関の審査体制が整った今、追加のコロナ融資を成功させるには、1回目の時以上に丁寧で不備のない書類を準備することが、求められているのです。

    さらにコロナ融資は、1度断られると次回が通りづらくなる

    重要ポイントのイメージ

    追加のコロナ融資は、1回目に比べると確かに難しくなっています。

    しかし、必ず成功させるという姿勢で、審査の準備をすることが重要です。

    なぜならコロナ融資は、1度断られると次回が通りづらくなるからです。

    1度融資を断られた場合、金融機関には否決の記録が残っています。

    そのため次回の審査では、前回通らなかった時の理由や課題を、間違いなくクリアしていなければなりません。

    そして、課題の改善には時間がかかるものです。

    一般的には次の融資申込みが可能になるまで、3か月から半年くらいはかかると言われています。

    融資は1度断られると、次の申し込みまで時間がかかる上に、審査もシビアになります。

    ですから追加のコロナ融資は、より気を引き締め、万全の準備をして申込みをすることが大切なのです。

    追加のコロナ融資は、1回目より慎重な計画づくりが必要

    順調に仕事を進めるビジネスウーマン

    さきほどもお伝えしたとおり、1回目のころは、金融機関は何よりもスピードを重視した審査を行っていました。

    平時なら断られるような財務状況の案件でも、比較的簡単に審査が通っていました。

    しかし、2020年11月現在は金融機関の体制が整い、余裕をもって審査が行われています。

    「どれくらいの資金が必要か=必要資金額」だけではなく、「きちんと返済ができるか=返済可能性」まで細かくチェックをされるようになっています。

    2回目のコロナ追加融資を通すポイントは、1回目の時よりも慎重に、根拠のある計画を綿密に立て、丁寧な書類の準備をすることとも言えるでしょう。

    そのため、1回目の融資が通った場合も、提出する書類を細かく見直してみることが大切です。

    準備を万全に整えて、追加のコロナ融資を成功させましょう!

    ガッツポーズをするビジネスウーマン

    今回は、「追加のコロナ融資は1回目よりも難しい」というお話をしました。

    しかし難しいとは言っても、決して不可能なことではありません。

    融資を成功させるためのポイントは、「資金繰り表」や「事業計画書」などの必要書類を説得力のあるものに作り上げることです。

    融資をお願いする金額(必要資金額)や借入金の返済計画(返済可能性)にきちんとした根拠があれば、金融機関の理解を得られるはずです。

    油断をすることなく準備を万全に整えて、追加のコロナ融資もぜひ成功させましょう!

    >>追加のコロナ融資を失敗しないために!合格する書類づくりの詳しい方法はこちら!

    \ SNSでシェアしよう! /

    女性の創業融資はマイクリエイトの注目記事を受け取ろう

    追加のコロナ融資は難しい?

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    女性の創業融資はマイクリエイトの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

    関連記事

    • セーフティネット保証4号「認定申請書」の取り方を解説!

    • 【新型コロナ関連】民間金融機関で実質無利子・無担保融資を受ける方法!

    • 金融機関との付き合い方!スムーズに融資を受けるために

    • コロナ対策!持続化給付金の申請方法を徹底解説!

    • 持続化給付金

    • 新型コロナウイルス感染症対応融資に2回目の申込はできる?