1. TOP
  2. 融資
  3. 信用保証協会の融資審査に落ちた!転貸資金の事例紹介

信用保証協会の融資審査に落ちた!転貸資金の事例紹介

融資  

信用保証協会付の融資は、創業融資の時にお世話になることも多く「審査が通りやすい」と言われています。

ですが、信用保証協会の審査が通らないこともあるのです。
これから信用保証協会付の融資を考えている経営者は、注意しておきましょう。

信用保証協会の融資が落ちた!

悩む女性

信用保証協会付の融資が断られるケースは、いろいろあります。

融資金を動かすときは、注意しておきましょう。

信用保証協会付の融資が断られた事例

笑顔の女性

信用保証協会の保証付き融資を、断わられてしまった事例の一つです。

  • 以前、信用保証協会付の融資を受けている(1,100万円)
  • 半年前、融資金を法人口座から代表者個人の口座に送金(400万円)
  • かつて代表者が立て替えた経費の未払い金として送金をした
  • 新たに申し込んだ融資は通らなかった

信用保証協会の判断は?

融資が通らなかった理由を、金融機関の担当者に聞いています。

信用保証協会が「事業のために融資したお金を、代表個人の口座に送金しているから、転貸資金」と判断されたのではないか、と言われたそうです。

転貸資金(テンタイシキン)とは?

豚の貯金箱とお金

転貸資金(テンタイシキン)とは、金融機関から借りているお金を、第三者(企業や人)に「また貸し」することです。

転貸資金は、金融機関が好まない資金の使い道の一つになります。

金融機関は、事業を営む企業の発展のために、融資をおこないますよね。

「第三者に融資金を渡すならば、その第三者が直接、融資の申し込みをすればいいのに。」と金融機関は思うのです。

また貸しをした企業に対して、良い感情を持たなくなるので、今後の融資は難しくなるでしょう。

資料を使って証明すれば、融資審査は通る?

信用保証協会に対して「この400万円の送金は社長が立て替えた経費の精算であり、事業として送金したものである」と証明すれば、新規融資が通りやすくなる可能性はあるのでしょうか。

答えは、証明できる資料や書類があれば、提出する価値はあるかもしれません。

ただ、後から資料を提出しても、信用してもらえない可能性の方が高いです。

ですが今回は無理でも、次回の融資申請をするまでに、できる行動があります。

次回の新規融資のための行動2点

次の融資申請の前にしておくべきことは下記の2点です。

  • 移動した400万を社長の口座から会社の口座に戻す
  • 社長が立て替えた時点に遡って400万円を「経費立替金」または「社長から会社への貸付」という処理をしておく

精算した経費を、法人口座に戻す理由は、金融機関や信用保証協会に説明するために、必要だからです。

「前回、代表者への支払いが転貸資金とみなされてしまいましたが、以前、代表者が立て替えていた経費を精算したもので、決して転貸資金ではありませんでした。ですが、疑われても仕方がなかったと思ったので、いったん元に戻して、経費立替金(社長借入金)と計上しています。」と理由を伝えることが大切です。

直近の試算表を見てもらいながら、しっかり説明して、話を聞いてもらいましょう。

次回の融資のために準備しておくもの

次回の融資のために行動した後は、試算表でもきちんと処理をしていくことが大切です。

信ぴょう性を高めるために下記の準備もしておきましょう。

  • 代表者が立て替えた経費の用途
  • 支払日が分かる振込伝票や請求書・領収書など
  • 給料以外の、お金の直接振り込みをやめる

代表者の個人的なお金から、つい会社の備品を購入することはあるかもしれません。

手間はかかりますが、必ず領収書や振込伝票の控えを大切に保管して、早めに対応しておきましょう。

信用保証協会とは

書類を見ながら打ち合わせをしている

信用保証協会とは、融資を受ける時に「公的な保証人」になって、融資を受けやすくなるようにサポートしてくれる機関です。

信用保証付き融資のメリット

信用保証協会を利用するメリットは、たくさんあります。

信用保証付き融資のメリット「保証人・担保を用意しなくてもいい」

スーツ姿の女性

融資を申し込むと、保証人や担保が必要になる場合が多いです。

ですが、信用保証協会付の融資に申し込めば、協会が保証人になってくれるので、融資を受けやすくなります。

信用保証付き融資のメリット「長期の借り入れも利用できる」

スケジュール等のツール

特に、実績の少ない立ち上げたばかりの事業者は、金融機関の融資は通りにくいです。

ですが、保証協会付の融資は、通りやすくなります。

それだけではなく、長期借入の融資審査も通りやすくなりますから、長いスパンで事業展開ができるでしょう。

信用保証付き融資のメリット「融資枠が広がる」

融資には、保証協会付の融資と、金融機関が直接おこなっているプロパー融資があります。

金融機関によって違いますが、保証付き融資はプロパー融資とも一緒に利用することができるので、融資金額もより多くすることも可能です。

信用保証付き融資のデメリット

信用保証協会には大きなメリットがありますが、デメリットもあります。

信用保証付き融資のデメリット「それぞれ審査がある(待つ時間が長い)」

信用保証協会付の融資を受ける場合、金融機関と信用保証協会と二つの審査を受けなければなりません。

書類も用意しないといけませんし、二つ審査がある分、長くて2か月ほど待つこともあります。

信用保証付き融資のデメリット「保証料を払わないといけない」

貯金箱

融資が通りやすいメリットがありますが、信用保証協会にも保証料を払わないといけません。

そのため、トータルの返済金額が多くなります。

信用保証付き融資のデメリット「返済金が無くなることはない」

信用保証協会は、経営者が返済に困り、支払えなくなった場合には、立て替えて返済をしてくれます。

ですが、返済義務が無くなったわけではありません。

信用保証協会は、一時的に「代わりに支払いをした」だけです。

今後は、信用保証協会に支払いをしていかないといけません。

思わぬ判断を下されても、打つ手を知っておけば次の行動を取れる

そのつもりがなくとも、金融機関や信用保証協会に「転貸資金」と判断されると、その融資の借入金を全て返済しない限り、同じ制度での新規融資は難しくなります。
そうならないためにも、事前の対策は非常に重要です。
もしもすでに、そのような状況になっている場合は、経緯と現状を把握して改善する必要があります。

資金を動かすことで、起こってしまうデメリットを回避するための行動を、アドバイスしてくれる専門家と一緒に進めていくことが、大切ですよ。

>>融資金で未払い金を精算する前に!必要な手順を知りたい経営者はこちら!

\ SNSでシェアしよう! /

小規模企業が補助金と融資で事業拡大へ 資金調達はマイクリエイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

小規模企業が補助金と融資で事業拡大へ 資金調達はマイクリエイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【運転資金の調達】融資の際には事業計画書は必要?枚数は?

  • 創業融資はどちらに申し込む?公庫と信用保証協会付

  • 損益計算書の見方がわかる!経営の質を上げる必須スキル

  • 金融機関から融資の返済を早めに求められた!断ってもいいの?

  • 【融資】担保と経営者保証の違い!経営者連帯保証の解除法

  • 事業再構築補助金の事業に必要な資金を融資で確保する方法