1. TOP
  2. 補助金・助成金
  3. 3:提出時に見るページ:小規模事業者持続化補助金

3:提出時に見るページ:小規模事業者持続化補助金

 2021/10/06 補助金・助成金  

<低感染リスク型ビジネス枠>小規模事業者持続化補助金の申請書の提出についてご案内します。

公募要領に基づいて書類を揃えないと審査をしてもらえません。そのため、必ずご確認ください。

※提出前には、ご自身で必ず、申請書類等に誤字脱字がないかのチェックをしてください。

提出について

以下の手順で、書類の準備を進めてください。

1:公募要領を確認する

公募要領に詳細が記載されています。更新される場合がありますので、最新版を確認するようにしましょう。

商工会・商工会議所(共通)<低感染リスク型ビジネス枠>公募要領のダウンロードはこちら

2:必要なところをチェックしながら書類を揃える

漏れがないように、チェックをしながら、ご準備ください。

3:補助金事務局の無料電話サポートを受ける

補助金事務局では、スムーズに提出するための無料電話サポートを行っています。必要に応じてご活用ください。

質問の際は、以下のように聞いてください。

・公募要領に書いてあることが、分からない場合
「公募要領の○○ページには○○と記載がありますが、どのようなことでしょうか?または具体的にどのようにしたら良いですか?」

・知りたいことや確認したいことがある場合
「○○について知りたいのですが、公募要領のどこに記載があるか、具体的に教えてください。」

・提出時に、電話で確認しながら資料を揃えたい場合
「提出に不備があると困るので、電話で確認しながら揃えたいです。一緒に確認をお願いします。」

・(共通)商工会・商工会議所<低感染リスク型ビジネス枠>
(共通)お問い合わせはこちら


よくあるご質問

Q:個人事業主の必須書類について詳しく教えてください。

●一回でも決算を迎えている場合
直近の確定申告書のコピーをご提出ください。(税務署の受付印があるもの)
・第一表
・第二表

・収支内訳書(1・2面)または所得税青色申告決算書(1~4面)

●開業してから一度も決算を迎えていない場合のみ
開業届のコピーをご提出ください。(税務署の受付印があるもの)

Q:直近の確定申告書に税務署の受付印がありません。どうしたらいいでしょうか。

●確定申告書を書面提出した方で表紙に受付印がない場合
税務署が発行する「納税証明書(その2:所得金額の証明書)」(コピー不可)を追加で提出してください。

●電子申告(e-Tax)をした方は、「メール詳細(受信通知)」を印刷したものを受付印の代用として添付してください。

提出時でのご協力のお願い

申請作成後の提出に関する疑問・不明点は、基本的に、公募要領の確認と補助金事務局のサポートをご活用ください。
行き違いとタイムラグを防ぐため、ご自身で直接ご確認くださいませ。
お電話がつながりやすい時間帯は、朝一番、お昼休憩の前後、締切前です。

また、過去に申請不備で合格に至らなかった、という方のお声をいただきました。
電子申請となると、紙での申請に比べ、確認が漏れてしまうことがあるようです。
申請をされる際には、ぜひ今一度ご確認いただき、申請なさってください。

少しでもお役に立てますと幸いです。

\ SNSでシェアしよう! /

女性の創業融資はマイクリエイト 認定経営革新等支援機関の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性の創業融資はマイクリエイト 認定経営革新等支援機関の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 保護中: 【動画】2021年4月9日(木)開催、補助金セミナー

  • 保護中: 4:採択後(合格後)に見るページ:小規模事業者持続化補助金2020年度版

  • 保護中: 【動画】2021年11月10日(水)開催、補助金セミナー

  • 保護中: 2:申請書を作成する時に見るページ【動画テキスト】:小規模事業者持続化補助金(2021年11月10日締切)

  • 保護中: 2:申請書を作成する時に見るページ【動画テキスト】:小規模事業者持続化補助金(2021年7月7日締切)

  • 保護中: 【動画とテキスト】2021年6月16日(水)開催、事業再構築補助金セミナー