1. TOP
  2. 補助金・助成金
  3. 代行はNG!補助金申請サポート活用術!依頼のメリットとポイントを解説

代行はNG!補助金申請サポート活用術!依頼のメリットとポイントを解説

 2024/01/31 補助金・助成金  

事業を運営していると、さまざまな補助金制度の利用を検討する場合がありますよね。

ですが、公募を見ると難しい言葉で書かれていて、正確な内容の把握が出来なかったり、自社の事業内容でも申請が可能なのか、わからない場合もあります。

そんな時は、専門家からサポートを受けることがおすすめです。

補助金申請の代行はNG

悩む女性

最初に、経営者が注意しておかないといけないことをご紹介しますね。

補助金の申請は、経営者本人がおこなわないといけません。

「申請作業を、あなたのかわりにおこないますよ」という業者もいますが、申請作業を代行することは認められていませんので、注意してください。

その理由は下記になります。

補助金の公募要項を見れば、申請方法や注意事項が記載されています。

一例として、中小企業や個人事業主が利用できる「小規模事業者持続化補助金」で見てみましょう。

【申請方法】

申請は、原則、電子申請システムで受け付けます。入力(記入)は、申請者自身が、申請システム操作手引き等に従いおこなってください。入力(記入)情報については、必ず申請者自身がその内容を理解、確認してください。<小規模事業者持続化補助金<一般型>第15回公募より一部抜粋>

代理申請は不正アクセスとなるため、一切認められず、当該申請は不採択となる上、以後の公募において申請を受け付けないことがあります。

【注意事項】

本補助金は、小規模事業者等が自ら自社の経営を見つめ直し、経営計画を作成した上で行う販路開拓の取組を支援するものです。外部のアドバイスを受けること自体は問題ありませんが、上記趣旨に沿わない申請は不採択となります。<小規模事業者持続化補助金<一般型>第15回公募より一部抜粋>

代行者に申請作業をお願いしてしまった場合、今後、補助金の利用ができない事態になります。

外部の専門家のサポート(アドバイス)を受けることと、申請を代行してもらうことは全く異なりますので、注意しましょう。

申請サポートの内容は?

申請サービスを依頼した場合、サポートしてもらえる内容と、経営者自身がおこなわないといけない内容をご紹介します。

サポートしてもらえる内容は?

申請サポートを依頼して、利用できる内容をご紹介します。

  • 経営計画書・補助事業計画書の作成
  • 電子申請
  • 提出書類の準備や用意

契約の内容にもよりますが、基本的に、必要な書類の準備から申請の方法をサポートしてくれます。

経営者自身がおこなわないといけない内容は?

申請時に記載する書類の内容は、経営者が用意・準備しなければなりません。

  • 補助金申請
  • 事業計画の策定
  • 補助金窓口への問い合わせなど

書類の作成のサポートをしてくれますが、それ以前の事業計画や方向性などは、事前に決めておく必要があります。

申請サポートのメリット

申請サポートを申し込むメリットは、経営者にとって有益なものばかりです。

専門知識を活用できる

申請サポートの大きなメリットは「専門家が持っている知識をフル活用できる」という点です。

専門家との契約内容にもよりますが、依頼者の事業経営に合う補助金の紹介や、申請に関するアドバイスをしてくれます。

時間と手間を節約できる

専門家は、実際に補助金申請の作業をしていますから、補助金の内容もきちんと把握しています。

補助金制度の中身を、どう解釈していいのか迷った時には、すぐに聞くことができますよ。

どのような書類が必要なのかや、作成方法も知っていますから、分からないことはすぐに相談して、時間と手間を節約していきましょう。

採択率アップにつながる

ガッツポーズの女性

補助金は、先着順で受けられるものではなく、審査が必ずあります。

申請サポートを専門家にお願いすれば、どうすれば審査に通りやすくなるかを教えてくれますので、採択率がアップしますよ。

申請サポートを利用した場合のデメリット

補助金の申請サポートを、専門家にお願いすると、メリットだけでなくデメリットもあります。

費用負担が発生する

専門家にサポートをお願いすると、費用が発生します。

業者により異なりますが、下記のような料金プランが多いです。

  • 着手金+成功報酬
  • 着手金0で成功報酬のみ
  • 不採択の場合は一部返金など

料金形態は事業者によって違いますので、しっかり確認しておきましょう。

申請サポートを受けても効果が得られない場合もある

専門家のサポートを受けても、不採択ということもあります。

そして、運悪く違法な業者にサポートを、お願いしてしまうこともあるかもしれません。

下記で紹介する申請サポート会社の選び方を参考にして、パートナー選びは慎重にしていきましょう。

申請サポート会社の選び方ポイント

申請サポートを依頼したいと思っても、何を基準に選んでいいのかわからないですよね。

依頼を受けてくれる専門家は?

補助金の申請サポートをおこなう専門家は、主に下記になります。

  • 行政書士…公的な機関に提出する書類の作成を代行
  • 中小企業診断士…経営課題に対する診断や助言をおこなう
  • 税理士…補助金や融資に関する知識を持つお金のエキスパート。会計管理も可能
  • 商工会議所・商工会…地域に根差している公的な支援団体。補助金の窓口でもあるので相談しやすい
  • 民間コンサルタント会社(認定経営革新支援機構)…事業経営の全般をサポートしている。料金プランや実績の掲示・無料メール診断などを実施している

民間コンサルタント会社(認定経営革新支援機構)には、国家資格を持つ専門家たちが所属していることも多いので、迷った場合は相談してみてくださいね。

実績と専門性を確認

資格を持っていても、人それぞれ得意分野があります。

経営に関してのアドバイスは得意でも、補助金の申請が苦手な人もいるかもしれません。

インターネット上には、それぞれの専門家がホームページを設けています。

実績や料金も掲載されていますから、確認しながら比較していきましょう。

自社に合ったプランを提供してくれるか

申請サポートを選ぶ時は、料金プランも視野に入れておきましょう。

注意が必要なのは、他の業者と比べて「料金が安い」ことを売りにしている業者です。

新規で申請サポートを始める企業の場合は、料金がリーズナブルでも、特に問題はないでしょう。

ただし下記のような業者には注意しましょう。

  • 創立して数年が経っている
  • 実績が少ない
  • 料金が安い

価格を低く設定している業者は、書類の作成に力を入れていない場合もあります。

しっかりした事業計画を立てていても、書類がしっかりしていなければ、採択されない可能性がありますので注意してください。

申請サポートにおけるQ&A

パソコンをのぞいている女性

申請サポートを利用する時に感じる疑問を紹介します。

A.依頼のタイミングは?

イメージ画像

Q.補助金が必要かもしれないと思ったら、すぐに相談を。

補助金の申請には、複数の書類の用意が必要です。

経営者とのヒアリングも必要ですから、補助金の申請を視野に入れ始めたら、すぐにパートナーになってくれる業者を探しましょう。

申請期限ギリギリでの依頼は、書類を作成するための時間が足りないので、断られる可能性が高くなります。

A.成功報酬はあるのか

Q.業者との契約内容によって変わります。

契約をするときにしっかり確認しておきましょう。

A.サポートを受けずに自分で申請はできない?

Q.自力での申請も可能だが、採択がどうしてもほしい場合はおすすめしない

初めての申請の場合や、どうしても補助金を活用して事業を軌道に乗せたい場合は、しっかりしたサポートを受けた方が、採択率は上がりますので、サポートを受けて申請をしましょう。

補助金サポートを受けたいと思ったら

申請サポートを受けて補助金の採択を得たい場合は、トータルバランスのとれた民間コンサルタント会社がおすすめです。

個々の専門家に相談することも悪くないのですが、その人の得意分野ではない場合もありますので、しっかり確認しましょう。

ただし申請サポートは、あくまでもサポート(アドバイス)が目的ですから、全てを丸投げにすることはできません。

もしも相談したコンサルタント会社から「全て代行しますよ」と言われた場合、信用のおける会社ではないので、避けるようにしましょう。

>>補助金の採択がほしい!確かな専門家への依頼はこちらから!

\ SNSでシェアしよう! /

小規模企業が補助金と融資で事業拡大へ 資金調達はマイクリエイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

小規模企業が補助金と融資で事業拡大へ 資金調達はマイクリエイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 一時支援金受給者をサポート!東京都の販売促進支援事業

  • 保護中: 【動画とテキスト】2021年6月16日(水)開催、事業再構築補助金セミナー

  • 【地元で起業】移住と起業費用を支援する地方創業支援事業を解説!

  • 中小企業特別高圧電力・工業用LPガス価格高騰緊急対策事業支援金を徹底解説!

  • 保護中: 【動画】2021年4月9日(木)開催、補助金セミナー

  • 保護中: 【動画】2021年7月7日(水)開催、補助金セミナー