1. TOP
  2. その他
  3. スモールビジネスとは?スタートアップとの違い

    スモールビジネスとは?スタートアップとの違い

    その他  
    仕事をする女性

    皆様はスモールビジネスという言葉を耳にしたことはございますか?

    実は、少ない資金で少人数で始めることができるため、今とても注目されている働き方なのです。

    • 興味はあっても詳しくは知らない
    • 初めて聞いた!
    • どのようなメリットがあるのか知りたい

    など、様々な場合があることでしょう。

    そこで今回は、スモールビジネスについて詳しく説明いたしますので、ぜひ最後までご覧ください。

    スモールビジネスとは?

    スモールビジネスとは、少人数で行う事業のことをいいます。

    ベンチャー企業や中小企業も同じく、人数が大企業に比べて少ない事業で混同されがちです。

    しかし、スモールビジネスは既存の会社が新しい分野に手を出すために行う少人数の起業は含まないことが多いので、少し意味合いが異なります。

    スタートアップとの違いは?

    スタートアップ

    スタートアップ企業という言葉をご存じでしょうか?

    まだ誰も手を付けていない分野を新規開拓し、新たな市場を作り出そうとする企業のことをそのように呼びます。

    スタートアップ企業も最初は少人数で行うのが一般的ですので、スモールビジネスと同じものと捉えられがちです。

    しかし、スタートアップ企業の目的は新規分野を開拓して、やがて大きな企業へと成長させることが目的です。

    対して、スモールビジネスは既存の市場の中で大きく成長させることを目的とせず、あくまで少人数で行える範囲の利益獲得を目指していきます。

    スモールビジネスの4つのメリット

    4を表す女性

    では、スモールビジネスを行うことにはどんなメリットがあるのでしょうか。

    総じていえることは、「自分の好きなように働くことのできる」点です。

    具体的には、以下の4点が挙げられますので、それぞれ詳しく解説していきます。

    少ない資金でも始めることができる

    小銭

    会社の規模が大きくないので、手元の資金だけで起業することもできます。

    融資を受けたり、親族や知人からお金を借りてスタートさせた場合、

    • 絶対に成功させなければならない
    • ある時期までには、これくらい利益を上げなければ…
    • 失敗したら迷惑をかけてしまう

    など、様々なプレッシャーがかかります。

    自己資金だけの場合や、少額の融資のみで始めた場合、このような責任感から逃れられ、より自由に事業を行うことができるでしょう。

    煩わしい人間関係がない

    人間関係に悩む女性

    会社に勤める場合に避けられないのが、社内の人間関係でしょう。

    一人でのんびりしたい日も、飲み会の誘いがあれば出席しなければならないこともあります。

    どうしても意見の合わない同僚や上司、なかなかいうことを聞かない部下など、会社に勤める上での悩みのほとんどが人間関係といっても過言ではないでしょう。

    スモールビジネスなら、一人もしくは少人数で行う事業なので、そのような悩みから解放されます。

    好きな仕事ができる

    大きな組織の中で働く場合、なかなか自分の好きな仕事だけをするというのは難しいものです。

    しかし、スモールビジネスであれば、目標も仕事の量もある程度自分でコントロールできます。

    売上の目標値を目指し無理な残業をこなす必要もありません。

    目標に届かないからといって、誰かに怒られたり反省文を書く必要もないのです。

    あくまで自分の裁量で、自分がやりたい分だけマイペースに仕事ができます。

    フットワークが軽い

    ジャンプする女性

    人数が少ない分、会社の方針や事業内容もすぐ変更できるフットワークの軽さもメリットです。

    また、勤務時間も必ず9時から17時と決める必要もありません。

    働く場所も自宅だったり、コワーキングスペースだったりと自由に変えることもできるでしょう。

    スモールビジネスのデメリット

    請求書を確認する女性

    たくさんのメリットをご紹介しましたが、スモールビジネスにもデメリットがあります。

    大きなデメリットととして、

    • 体調を崩した場合、代わりの人がいない
    • 社会的信用度が低い

    の2点が挙げられます。

    人数が少ないということは、代わりの人がいないということです。

    また、社会的信用度が低いので、金融機関からまとまった融資を受ける際にもなかなか審査に通らないということも考えられます。

    スモールビジネスをメインで行っていく場合は、何かあっても大丈夫なように資金には余裕をもっておきたいですね。

    スモールビジネスに向いている業種

    具体的にスモールビジネスに向いている業種はどのようなものがあるでしょうか。

    • オンラインショップ運営
    • アフィリエイト
    • デザイナー
    • ライター
    • コンサルタント
    • サロン経営

    などが挙げられます。

    基本的には、自分のできる特性を生かして業種で、元手があまり必要ないものが向いているでしょう。

    誰にでも簡単にできることを始めがちですが、簡単にできることはそれだけライバルが多いともいえます。

    自由で新しいビジネスを始めてみましょう!

    パソコンを使う女性

    自由で新しい働き方ができるスモールビジネスには、たくさんの魅力があります。

    少ない初期費用で始められるものが多いので、失敗しても大きな痛手にはなりにくいでしょう。

    しかし、やはりどうせ始めるなら成功できるビジネスを行いたいものです。

    自分に何が向いているのか、市場の規模・傾向などをよく調べ、ぜひ新しいスモールビジネスを始めてみてはいかがでしょうか。

    >>私に向いてる業種は何?スモールビジネスについて、もっと知りたい方はこちら!

    \ SNSでシェアしよう! /

    女性の創業融資はマイクリエイト 認定経営革新等支援機関の注目記事を受け取ろう

    仕事をする女性

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    女性の創業融資はマイクリエイト 認定経営革新等支援機関の人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

    関連記事

    • クレジットのブラックリストから何年で消える?融資への影響も解説!

    • 貸借対照表の読み方とは?チェックポイントを押さえよう!

    • 青色確定申告のやり方は?白色との違いやメリットがわかる!

    • 補助金の勘定科目って何?課税の有無や会計処理も解説!

    • 専門家のサポート開始!東京都感染拡大防止協力金

    • 損益計算書の見方がわかる!経営の質を上げる必須スキル