1. TOP
  2. 融資
  3. 創業者必見!経営者保証不要で3,500万円まで借りられる信用保証制度

創業者必見!経営者保証不要で3,500万円まで借りられる信用保証制度

融資  

スタートアップ創出促進保証制度は、経営者保証を不要とし、創業時の資金調達をサポートします。

この制度では「ガバナンス体制の整備に関するチェック」(ガバナンスチェック)が導入されます。

こちらによって、中小企業活性化協議会が経営者に助言や支援を受けることができます。

この制度を活用することで、新たなビジネスの挑戦がより身近に感じられ、日本経済全体のイノベーションと成長が期待されています。

そして今回、この制度がどのような仕組みで、事業主にどのようなメリットをもたらすのかをご案内します。

制度概要

スタートアップ創出促進保証制度は、最大3,500万円までの無担保・無保証融資を提供する新しい信用保証制度です。

大きなポイントは以下の2点です。
・個人保証不要の新しい信用保証制度としてのスタートアップ創出促進保証制度
・最大3,500万円までの保証提供と最大10年の保証期間

この制度は、経営者保証を不要とし、創業時の資金調達をサポートします。

融資対象

国の「スタートアップ創出促進保証制度要綱」の要件に該当するもの

資金使途

運転資金・設備資金

融資限度額

3,500万円

融資期間

10年以内(据置期間 1年以内又は3年以内を含む)

融資利率

【固定金利】

融資期間

3年以内‥‥‥‥‥‥1.5%以内

3年超 5年以内‥‥‥1.6%以内

5年超 7年以内‥‥‥1.8%以内

7年超‥‥‥‥‥‥‥2.0%以内

【変動金利】

「短プラ+0.2%」以内

※責任共有制度対象外のみ

返済方法

分割返済(元金据置期間は1年以内)

ただし、申込金融機関において本保証付融資と原則同時にプロパー融資を実行する、又は保証申込時においてプロパー融資の残高がある場合は据置期間を3年以内とする。

融資形式

証書貸付

信用保証料

創業関連保証の信用保証料率(0.35~0.60%)に0.2%を上乗せした信用保証料から、東京都が3分の2を補助する。

保証人

不要

物的担保

不要

その他

金融機関及び融資対象者の責務及び報告などその他の条件については、国の「スタートアップ創出促進保証制度要綱」の定めるとおりです。

申請の流れ

補助金申請プロセスは構造化された手順で行われます。

興味を持つスタートアップはビジネスモデルや革新目標、申請する具体的な補助金プログラムなどを詳細に記載した申請書を提出します。

政府機関は革新性や経済への影響、政策目標との整合性など事前に定義された基準に基づいて申請書を評価し、最終的に補助金の支給可否を決定します。


起業時の資金調達が課題となる中、スタートアップ創出促進保証制度は個人保証不要の融資を可能にしました。
2020年度における経営者保証状況からも、この新しい制度が起業家や創業者にとって重要ですね。

ガバナンス体制

この制度では「ガバナンス体制の整備に関するチェック」(ガバナンスチェック)が導入されます。

会社設立後の3年目と5年目に行われるこのチェックは、中小企業活性化協議会によるガバナンス体制の確認と助言を通じて、企業の成長と価値向上を支援します。

この取り組みは、創業期から次の成長段階への移行においてガバナンス向上が期待される中で、中小企業活性化協議会が経営者に助言や支援を提供することで持続的な成長を促進します。


会社設立後のガバナンスチェックや中小企業活性化協議会による支援は、起業後の成長をサポートする重要な要素です。

制度を上手に活用し、可能性を広げよう

スタートアップ創出促進保証制度が日本の起業環境を活性化させ、起業家や創業者に成長への道を開く期待が寄せられています。

この制度は、経営者個人が連帯保証人となる必要がないため、起業へのハードルを下げるでしょう。

スタートアップ創出促進保証制度は、日本の起業環境を活性化させる重要な政策であり、起業家や創業者にとって貴重な支援手段として位置付けられています。

この制度を活用することで、新たなビジネスチャンスを探求し、成長への道を切り拓くことが可能です。

ぜひ、しっかりアドバイスをしてくれる専門家と、一緒に進めていくことがおすすめです。

>>活用には計画性が大事、確実に進めたい経営者はこちらから!

\ SNSでシェアしよう! /

小規模企業が補助金と融資で事業拡大へ 資金調達はマイクリエイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

小規模企業が補助金と融資で事業拡大へ 資金調達はマイクリエイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • コロナ融資の借り換えで金利0に!既往債務の借換制度とは?

  • 受領印がない!確定申告書、不備にならない対策とは?

  • 日本政策金融公庫の創業融資!法人設立なら残積ありでも可能?

  • 【融資】金融機関との関係作り!経営者は何をするべき?

  • 金融機関との付き合い方:メインバンクと良好な関係で融資をスムーズに!

  • 災害支援枠(令和6年能登半島地震)小規模事業者持続化補助金について解説!