1. TOP
  2. 融資
  3. 【2022東京都助成事業】展示会出展等の販促費用に使える助成金を解説!

【2022東京都助成事業】展示会出展等の販促費用に使える助成金を解説!

 2022/05/03 融資  
案内する女性

東京都で展示会等に出展する際の費用を助成する助成金の事前エントリーが始まっています。

この助成金は、条件を満たせばかかった費用の半分、最大300万円まで助成してもらうことができます。

  • 新しく開発した新商品の知名度を上げたい
  • 新技術を広めたい

などをお考えの方には、絶好のチャンスといえます。

今回は、展示会出展等の販促費用に使える助成金について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

展示会出展等の販促費用に使える助成金とは?

引用:R4_shijo_print.pdf (tokyo-kosha.or.jp)

この助成金は、東京都中小企業振興公社が市場開拓助成事業として行うもので、展示会出展等の販促費用を最大300万円まで助成してもらえます。

販促費用を助成することにより、新しい取引先を開拓し事業の拡大を計ることを目的に行われます。

対象となるためには一定の条件がありますが、展示会への出展をお考えの方にはおすすめの助成金です。

助成金の内容を詳しく説明しますので、ぜひ申請をご検討ください。

展示会出展等の販促費用に使える市場開拓助成事業の概要

イベントブースイメージ

まず、助成金の期間と限度額、助成率について下記の表にまとめましたので、ご覧ください。

助成対象期間令和4年10月1日~令和5年12月31日(1年3カ月以内)
助成限度額300万円
助成率1/2以内

そして、この助成金の対象となる商品は以下の2つの区分のいずれかです。

  • 東京都支援製品の市場開拓助成
  • 成長産業分野の市場開拓助成

それぞれどのようなものが対象になるのか、詳しく説明していきます。

東京都支援製品の市場開拓助成

1つ目は、東京都か東京都中小企業振興公社が実施した事業において、一定の評価・認定・支援を受けた商品が対象です。

具体的には、平成30年4月1日から令和4年5月31日までの間に行われた25の事業で評価されている商品を助成します。

どのような事業が対象となるかは、下記のページに一覧がありますので、ご確認ください。

東京都支援製品の市場開拓助成【対象となる事業と要件】 | 事業 | 東京都中小企業振興公社 (tokyo-kosha.or.jp)

成長産業分野の市場開拓助成

アイディア

2つ目は、東京都が策定したイノベーションマップに示されている開発支援分野の商品です。

このイノベーションマップとは、東京都の都市課題解決のために必要な技術や製品をまとめた技術開発指針のことをいいます。

この技術開発指針に基づくテーマは、下記のサイトから確認することが可能です。

成長産業分野の市場開拓助成【イノベーションマップ】 | 事業 | 東京都中小企業振興公社 (tokyo-kosha.or.jp)

防災や子育て支援、環境問題など9つのテーマが示されており、具体的な技術や商品例も多く記載されているのでご自身の事業と一致するものがないか確認してみましょう。

助成対象となる経費

費用

助成金の対象となる経費は大きく分けて、展示会等参加費と販売促進費の2つがあります。

経費区分対象経費
展示会等参加費
(海外・オンライン展示会等含む)
・出展小間料
(併設のオンライン出展基本料に係る助成限度額:20 万円)
・資材費
・輸送費
・通訳費(海外展示会のみ)
・オンライン出展基本料(助成限度額:20 万円)
販売促進費・ECサイト出店初期登録料(助成限度額:20 万円)
・自社WEBサイト制作・改修費(助成限度額:20 万円)
・印刷物制作費(助成限度額:50 万円)
・PR動画制作費(助成限度額:30 万円)
・広告費(助成限度額:45 万円)
引用:令和4年度市場開拓事業(PDF)

販売促進費として認められるものとして、今年度から新たにECサイトの出店初期登録料や自社のWEBサイト制作・改修の費用も増えました。

しかし販売促進費のみ申請はできず、展示会等参加費は必ず申請しなければなりません。

また、対象経費ごとに助成上限額が異なる点にも注意しましょう。

助成金の申請方法

パソコンをのぞいている女性

助成金の申請は、オンラインで申請を行うJグランツのみです。

郵送や窓口への持参などでは受付してもらえないので、注意しましょう。

なお、Jグランツを利用するためにはgBizIDプライムのアカウント作成が必要です。作成方法は以前の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【補助金申請に必要】gBizIDプライムの取得方法や申請書類を分かりやすく解説!

そして、助成金を申請するためには、事前にエントリーしなくてはいけません。事前エントリーの期間は、令和4年4月25日(月)10時~5月19日(木)17時の間です。

下記のページからエントリーすることができるので、申請したい方は早めに申し込んでおきましょう。

https://www.tokyo-kosha.or.jp/sme/application?formNo=0000000861

なお、事前エントリー後の本申込期間は、令和4年6月10日(金)10時~6月23日(木)17時を予定しています。

本申込も忘れずに行うよう、スケジュールなどに控えておきましょう。

展示会に出展予定のある方は活用しましょう

ガッツポーズの女性

従来のような人が集まる展示会以外にも、オンライン出展も助成の対象となるため、幅広い場合に活用できる助成金です。

事業を行ううえで商品や技術の認知度を上げることは、収益増につながります。

ぜひこの機会に展示会への出展を検討され、活用いただければ幸いです。

>>展示会出展等費用の助成金の対象経費について、もっと知りたい方はこちら!

\ SNSでシェアしよう! /

女性の創業融資はマイクリエイト 認定経営革新等支援機関の注目記事を受け取ろう

案内する女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性の創業融資はマイクリエイト 認定経営革新等支援機関の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 事業再構築補助金の事業に必要な資金を融資で確保する方法

  • コロナ融資の借り換え先は?経営者保証免除も活用しよう!

  • 【無担保・無保証】経営者保証が不要な5つの融資

  • 民間金融機関の実質無利子・無担保融資を申し込むなら3月中に!

  • 事業の承継や集約に!事業継承・集約・活性化支援資金とは?

  • 【2020年最新版】運転資金の融資が有利になる!3つのポイント