1. TOP
  2. 補助金・助成金
  3. 1:申請書作成前に見るページ・小規模事業者持続化補助金

1:申請書作成前に見るページ・小規模事業者持続化補助金

 2021/09/10 補助金・助成金  

<お願い:事前に必ずご準備いただきたいこと>

合格できる申請書を作成、提出するためには、事前の準備が必要です。
以下、3点をご用意いただいた上で、講座にご参加・ご視聴ください。

1:パソコン(Windows・Macでも可)
スマホやタブレットでは、フォーマットが崩れてしまい、審査対象にならなくなるため、パソコンをご用意ください。


2:
Microsoft WordとExcel(公式のもので、バージョンは、Word2010とExcel2010以降)
申請書は、Microsoft WordまたはExcelで作成します。
そのため、アプリや互換性のあるものではなく、公式のものでバージョンもWord2010またはExcel2010以降のものをご使用ください。
(公式のMicrosoft WordまたはExcelでないと、フォーマットが崩れます。)

ご入用の場合、こちらからも購入いただけます。

Microsoft Word 2019(最新 永続版)|オンラインコード版|Windows10/mac対応|PC2台

Microsoft Excel 2019(最新 永続版)|オンラインコード版|Windows10/mac対応|PC2台

3:GビズIDプライムアカウントを取得する

・低感染リスク型ビジネス枠

すでにGビズIDプライムアカウントを取得済の場合は、そのまま申請できます。
しかし、GビズIDプライムアカウントを取得していない場合は、取得する必要があります。2,3週間かかる場合がありますので、お早めに取得をしてください。
暫定GビズIDプライムアカウントでは、申請ができません。ご注意ください。

※取得方法はこちら
https://my-create.com/gbizid-prime/

※GビズIDの公式サイト

https://gbiz-id.go.jp/top/

ビズIDアカウントについて不明点や疑問点があれば、直接ご自身でご確認のご協力をお願いいたします。
電話番号:0570-023-797 
【受付時間】9:00~17:00(土・日・祝日、年末年始を除く) 

上記、3点をご用意いただいた上で、講座にご参加・ご視聴くださいませ。

小規模事業者持続化補助金事業計画書の<低感染リスク型ビジネス枠>に関する解説と事前案内をお届けします!

※このページは小規模事業者持続化補助金の申請締切日までご覧いただけます。

低感染リスク型ビジネス枠の特徴・2020年度の合否で申請できるもの

・低感染リスク型ビジネス枠
①対人接触機会の減少に資する取組であり、かつ、②新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等の取組であることが対象事業になります。

※2020年度に一般型合格の方は、2021年度の低感染リスク型ビジネス枠にも申請ができるルールになっています。

※2020年度にコロナ特別対応型に合格された方は、2021年度の低感染リスク型ビジネス枠には申請できません。

・一般型
売上拡大・地道な販路開拓に係る経費が対象になります。

※2020年度に一般型の方は、2021年度の低感染リスク型ビジネス枠にも一般型にも申請ができるルールになっています。

※2020年度にコロナ特別対応型に合格された方は、2021年度の低感染リスク型ビジネス枠には申請できず、一般型に申請できるルールになっています。

一般型と低感染リスク型ビジネス枠~申請の流れ・ポイントを解説!

 

小規模事業者持続化補助金~申請を提出する流れ~低感染リスク型ビジネス枠

1:パソコンと、MicrosoftのWord・Excelを用意する

2:該当の公募要項と申請書類をダウンロードし、パソコンにデータを保存する

3:講座前に、ご自身で書けるところは記入しておく

4:講座(動画)を受けて、申請書に記入する

5:支援機関確認書をもらいたい場合は、管轄の商工会・商工会議所に連絡をする。
・低感染リスク型ビジネス枠の場合は支援機関確認書です。支援機関確認書は、任意提出書類ですが、二重チェックができますので、もらうことをおすすめします。

6:必要書類が揃ったら、電子申請を行う

開業地域が商工会か商工会議所かを調べる方法

1:「自分の開業地域+商工会」と検索してください。
(例)東京都中央区 商工会
※東京23区内は商工会議所になります。

2:商工会と商工会議所の両方が出てくる場合や、分からない場合は、それぞれ管轄に電話でお問い合わせください。

※電子申請(Jグランツ)の場合、Word版はご利用できませんのでご注意ください。そのため、Excelがおすすめです。

 

低感染リスク型ビジネス枠

<ダウンロードするもの>
・公募要領
・様式1
・様式2
(様式2は印刷をしてから、実際に手書きの署名をして、その後に、見やすく写メまたはPDFにしてから申請をする流れになります。)
・様式3
・申請補助資料

以下のURLよりご覧ください。 書類の漏れがないかご確認の上、提出をお願いいたします。

低感染リスク型ビジネス枠

申請内容以外(申請方法など)を確認したい場合

疑問点や不安点を補助金事務局へお電話にて、ご相談くださいませ。
例えば、お電話口で「念のため、電話で確認しながら提出の準備をしたい」等と 伝えて確認しながら揃えることもできます。
お電話がつながりやすい時間帯は、朝一番、お昼休憩の前後、締切前です。

<提出での注意点>

※電子媒体で提出される際は、ワードのままで問題ありません。
※締切当日には回線が混み合う可能性があります。そのため、余裕を持って提出しましょう。
※申請書類の注意事項をよくお読みください。
申請書類の注意事項はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

女性の創業融資はマイクリエイト 認定経営革新等支援機関の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性の創業融資はマイクリエイト 認定経営革新等支援機関の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【2021年3月公募開始予定】事業再構築補助金とは?個人事業主も対象!

  • 【補助金申請に必要】gBizIDプライムの取得方法や申請書類を分かりやすく解説!

  • 2022年1月2月締切分3:提出時に見るページ:小規模事業者持続化補助金

  • 3:提出時に見るページ:小規模事業者持続化補助金

  • 保護中: 4:採択後(合格後)に見るページ:小規模事業者持続化補助金2021年度版

  • 保護中: 【動画】2021年8月5日(木)開催、補助金セミナー